謹啓

 

 いよいよ新学期の到来を迎え、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、私

ども東京大学ESSでは、昨年度に引き続き第8回東京大学ESS杯争奪英語弁論大会を下記の通り開催す

ることに致しました。昨年度は、400名以上もの方々にご来場いただき、大盛況のうちに幕となりま

したことを改めて感謝申し上げます。本年度もさらにご満足いただける大会をめざして、実行委員一

同、全力で大会運営にあたって参りたいと思います。奮ってご参加いただきますよう、よろしくお願

い申し上げます。

 

 

謹言

 

Please Roll Down to see more details

Information

大会情報

開催日時                                    2013年12月21日(土)(予定)

会場:                        東京大学駒場キャンパス900番講堂(予定)

                                                (最寄り駅:京王井の頭線駒場東大前駅)

 

 

 

※開催日時および会場は、変更になる可能性もございますので、予めご了承ください。

決定次第、第8回東京大学ESS杯ホームページhttp://todaihai.utess.net/にて発表致します。

 

Concept

大会コンセプト

 Sparkと聞いて皆様はどのようなことを思い浮かべるでしょうか。あまり大会のコンセプトとしてSparkという単語を聞かないと思います。このSparkというコンセプトはまさに火花のごとく我々の脳裏によぎったものであります。人は誰しもひらめきという刺激的な体験を持っていると思います。スピーチもSparkによって生まれるものです。日頃の問題意識はSparkにより顕在化し、他者との会話からさらに新しいSparkが生まれ、それら一瞬一瞬のSparkがスピーチへと結晶化していきます。そのSparklingなスピーチは聴衆をSparkし、また新たなSparkを生み出していくのです。このような刺激的な体験をこの東京大学ESS杯において大事にしていきたいと考えております。大学ESSという壁を越えた社会に開かれた大会にするために、出場者の年齢·国籍は一切不問とします。さらにUstreamによるライブ配信も引き続き行い、世界に広がる聴衆にもより多くのSparkを届けていきた

いと考えています。

 実行委員会一同、この第8回東京大学ESS杯を英語弁論大会の中で最大規模そして最高レベルのものにできるように尽力してまいります。

Process

大会概要

 大会は予選と本選から成り、参加を希望する方には後述されている応募方法に従い、自分のスピーチを 提出していただきます。応募されたスピーチは予選ジャッジによる審査にかけられ、11 月の半ばごろに 10 名の本選出場者が決定します(内1名は東京大学からの出場枠にあてられます)。その後、本選出場者は 後に連絡される期日までにスピーチを書き直し、当日900講堂にてスピーチを披露します。

本選形式

 · Prepared Speech(7分)

   予め作った原稿に沿って発表するスピーチ、既発表のスピーチも可

※スピーチは7分を目安にしてください。スピーチが8分を超えますとスピーチを打ち切らせていただきます。スピーチが7分を超えた場合の減点はございませんが、8分を超えた場合は減点対象となりますのでご了承下さい。

また質疑応答に関しては多少の変更の可能性がございますので、予めご了承下さい。

 · Questionerとの質疑応答(採点対象内)

 · Audienceとの質疑応答(採点対象外)

 · その他に余興として即興スピーチの時間を設ける予定です(採点対象外。詳細決定次第HP等でお知らせします)

 

Qualifications

参加資格

 学生や社会人の区別、国籍、年齢に関わらず、どなたでも参加できます。

 各校英語会·各所属団体からの応募数は無制限です。ただし、Ustream(後述)による放映を行うため、参加者の方には放映の許可をいただきます。放映の期間につきましては、当日の生中継及びその後1ヶ月間のストリーミング配信となります。参加はUstream の放映に同意を頂ける方のみとさせていただきますので、よろしくお願い致します。

 

JOIN NOW

Contact

Location

Get Directions

Komaba Campus

the Univ. of Tokyo

Tokyo Japan

©THE UNIVERSITY OF TOKYO ESS SPEECH SECTION. ALL RIGHTS RESERVED